家の手入れなどを定期的にしておけば、外壁などをいつでも綺麗にしておくことができます。
しかし、庭の手入れというのは頻繁に行わなければ雑草が生えてしまい、見た目にもよくありません。
そのような伸びきった雑草などの手入れを行う機械を刈払機といいます。

刈払機とは小枝や雑草などを刈る為に作られた機械のことで、ブラッシュカッターや草刈機とも呼ばれたりします。
刈払機は、短い時間でたくさんの雑草などを刈れるように、先端には鋭利な刃が付いていています。
基本的には、小型のエンジンを搭載したものが使用される事が多く、最近では電池を電源とした電動のものも登場しています。
草刈りというと、鎌や熊手を使って行うというイメージがありますが、刈払機を使えば鎌や熊手などよりも効率よく草を刈ることができるのでオススメです。

今でこそ、雑草の処理などによく用いられるようになった刈払機ですが、日本で使われるようになったのは戦後に進駐軍によってもたらされたのが最初だと言われています。
米軍では、雑草が生い茂るジャングルを、短い期間で飛行機が着陸できるようにするため、刈払機が使われていたとされていて、日本よりも先に刈払機を使っていたとされています。
昔は、何種類もあるわけではありませんでしたが、最近ではたくさんの種類の刈払機が登場して、様々な場所で雑草の問題を解消してくれています。

おすすめサイト